SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACK
CATEGORIES
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS

11
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
--
>>
<<
--

戯れたい

I LOVE GEOGRAPHY
<< "すごい地図をみつけてしまった"のつづき | main | 横浜市 >>
色覚バリアフリーについて
まだ色覚バリアフリー自体の話題はしてなかった。東京の地下鉄路線図を対象にしたこんなコンテストがあったらしい。
前回絶賛した地図が優秀作品になってる。

最優秀作品(に手を加えたもの)は、東京メトロの地図の遠縁にありそう。でもずいぶんざっくりとして無頓着な印象。

作成者の正明堂は、視覚バリアフリー(カラーユニバーサルデザイン)に力を入れて取り組んでるとこみたい。
引用すると、
色覚障害は自分で言わなければ他人にはわからない障害です。そのため社会ではあまり意識されず色覚に障害のある方のための取り組みは今までほとんどされてきませんでした。

色覚に障害のある方は日本人男性の約20人に1人、女性は約500人に1人で、日本国内でも300万人を超えています。

色覚障害者専用の考え方で制作すると、過度なハッチングや線種・配色などの極端な変更が行われ、障害のない方には見慣れていたものとはかなり違うものとなるため、違和感を与えてしまい見づらくなってしまいます。

挑戦的でやりがいのある仕事っぽい。

ちなみに「色覚バリアフリー ガイドライン」で検索したところ101件ヒット。よくわからないけど、ある程度の研究成果があがってることになるのかな?

自分もせっかく路線図を描いてるんだから注意しなくちゃ。
いや、現時点では白黒で印刷したときの検証もできてないけど。


*2005年10月6日 文章の細かい部分を変更
| 路線図マニア | 01:35 | comments(4) | trackbacks(0) | - | - |
いろいろとがんばってますね
| | 2006/10/03 2:06 PM |

>ちなみに「色覚バリアフリー ガイドライン」で検索したところ101件ヒット。
>よくわからないけど、ある程度の研究成果があがってることになるのかな?

この話から3年経ちましたが,検索エンジンでも数十万軒ヒットするようになりました.また,数々のシミュレーションやマニュアル類も出てきました.
http://blog.cudo.jp/
| CUDO | 2007/04/18 4:26 PM |

ちょっとおかしいなと思うのですが

>色覚障害者専用の考え方で制作すると、過度なハッチングや線種・配色などの極端な変更が行われ、障害のない方には見慣れていたものとはかなり違うものとなるため、違和感を与えてしまい見づらくなってしまいます。

こんな考え方で制作するデザイナーは誰もいませんよねえ。
色弱の人たちにやさしいデザインは正明堂だけの専売特許じゃありませんからね。
| 正眼堂 | 2008/04/14 7:02 AM |

>正眼堂さん
みんないいものを作ろうとしてる点には同意します。
引用した分については、誰にでもやさしいデザインにすることが究極の目標で、そのためにできるだけなにも置き去りにはしたくないけど一筋縄じゃいかない、って主張だと私は理解してました。

回答になってるかな?
| auma | 2008/04/15 11:34 PM |










http://blog.tawamure.com/trackback/133149