SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACK
CATEGORIES
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS

07
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--

戯れたい

I LOVE GEOGRAPHY
<< 新宿三丁目駅(≠新宿駅) | main | 新宿3丁目駅の北半分 >>
新日曜美術館 踊る朝顔 江戸の絵師 鈴木其一の挑戦
YahooでもGoogleでも、「朝顔図屏風」で検索すると今のところ検索結果の1ページ目でスクロールしないでも表示される位置に、このブログの記事が掲載されてたりする。

朝顔図は、よく知らないけど、屏風絵という様式の頂点に君臨する作品だから、本当はこんなとこが検索上位に顔を出しちゃまずい。けれどおかげで7月20日のNHK新日曜美術館「踊る朝顔 江戸の絵師 鈴木其一の挑戦」が放送される前後の時期にあってここも少しだけ盛況だった。
せっかくなので番組の感想を。

うねるように踊るように、朝顔だけを、六曲一双の金地大画面に描いた「朝顔図屏風」。江戸時代後期に活躍した鈴木其一(すずききいつ・1796〜1858)の傑作である。

花鳥画の伝統にはない異色の作品はなぜ生まれたのか。そして、其一は、何をめざそうとしていたのか。

「朝顔図屏風」誕生の秘密を探りながら、師匠も琳派も越えて、時代を先取りしようとした其一の生き様に迫る。


結局この解説文にほぼ沿ったものだった。
画家の生い立ちから朝顔図を描くまでの半生、時代背景、後半生の画業までを解説する内容で、朝顔図は話をぶらさないための三角点のような位置づけ。朝顔図に心奪われている身からすれば、もっと正面からぶつかってほしかったところではある。

朝顔図の評価としては、大胆な描写が印象的な、写実と装飾のバランスの中に造形のかがやきを感じさせる作品みたいなことを話してた。
これに先んじる作品として尾形光琳作の国宝燕子花図屏風への言及があり、また其一自身の作品では夏秋山水図屏風と桜に薄図屏風が紹介されていた。いずれもパターンデザインに優れた屏風絵。
それらが、計算されつくしたデザイン力がもたらした傑作、朝顔図屏風につながる。

あれは画面構成の勝利。
朝顔はただ扱いやすく様式化された構成要素。それら要素を屏風のデザインに組み上げた計算に、作品としての本質があるのだろうと思っている。

そんなわけで秘められた計算が解き明かされるのを期待してたけど、その方向にはほとんど言及されてなかった。そもそも自分は作者に興味をもってないので、実はこれ感想にもならないな。
| 屏風 | 01:39 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |









http://blog.tawamure.com/trackback/670084