SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACK
CATEGORIES
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS

07
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--

戯れたい

I LOVE GEOGRAPHY
<< TokyoRailMap ver.5.01 | main | テオ・ヤンセン展 >>
ワールドトレードセンターの後継者たちの2009年・ ブルジュドバイ
アメリカの繁栄を象徴していた2つのタワーがなくなっていくらか経って、摩天楼のイメージはニューヨークだけのものではなくなった。この10年のうちに新興国のいくつもの都市が象徴としての超高層ビルを計画するようになり、500メートル、あるいは1000メートルにも迫る高さ世界一のための競争が過熱もした。

代表的な場所がドバイだろう。
台北の台北101を悠々と飛び越えて世界一になるはずのブルジュドバイはすでにほぼ全貌をあらわしているし、それ以外にもだれも夢想しなかったようなビルたちが続々と発表されていた

ドバイは中東の砂漠の国だから、ほとんどの日本人にとって親しみのない土地。だから少なくとも2008年中ごろの段階でここが油を売って金を儲けたのだとおもってる人は多かっただろうし、投資市場があるという以上の理解をもっていた人などごくわずかだったはず。

2008年後半にドバイを取り巻く状況に変化があらわれた。
その結果、2009年はじめにはたとえばこんな報道がされている。
ペルシャ湾岸の商業都市として急速に発展し、開発ブームに沸いたドバイが金融危機の影響で「バブル崩壊」に陥っている。ビル建設の工事中断や規模縮小で、外国人労働者の解雇が続く。新しい高層ビルが立ち並ぶ街の中心部のすぐ近くの地区では、非正規・不法滞在の外国人労働者が集まりスラム化していた。


いわゆる世界規模の大不況のために、ドバイの不動産バブルがはじけ飛んだのだと。
新興国の沸騰するエネルギーの象徴だったブルジュドバイの建設現場も今ではマネーゲームの残骸のように扱われるようになった。
ドバイは砂漠の蜃気楼のような街だとさもわかったように誰かがいう。

蜃気楼のような街? あたりまえじゃないか。

もともと貧弱な土壌の上で天然資源にも乏しく人口は少なく、だからドバイは交易都市として発展する道をめざした。天然の交通の要衝でもないのに近隣の産油国に遅れないようにと。
世界一や世界初に執着するのもそうしなければ誰もドバイに振り向かなかったからだろう。

いっときその計画が成功して今になって陰りが見えたら転落を書きたてる。内在しているリスクが変化したわけでもないだろうに。
こんな遠くの国の出来事を話題にしなければいけない理由がある?

今の経済情勢を100年に1度の落ち込みと表現するなら、それは100年に1度は今くらいに落ち込むようなシステムで世界が動いているということで。苦境に直面することも織り込み済みでそれを受け入れているのでしょう?

ブルジュドバイにとって、新興国のそのほかのプロジェクトにとっても、今が苦境なのは間違いない。ではこれが破滅の危機?
決してドバイが描いた未来に賛同しているのではないけれど、エンパイアステートビルもワールドトレードセンターも、完成当初は部屋がぜんぜん埋まらなかったのは事実としてあるんだから。
| その他 | 23:18 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |









http://blog.tawamure.com/trackback/708166