SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACK
CATEGORIES
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS

09
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
--
>>
<<
--

戯れたい

I LOVE GEOGRAPHY
新日曜美術館 踊る朝顔 江戸の絵師 鈴木其一の挑戦
YahooでもGoogleでも、「朝顔図屏風」で検索すると今のところ検索結果の1ページ目でスクロールしないでも表示される位置に、このブログの記事が掲載されてたりする。

朝顔図は、よく知らないけど、屏風絵という様式の頂点に君臨する作品だから、本当はこんなとこが検索上位に顔を出しちゃまずい。けれどおかげで7月20日のNHK新日曜美術館「踊る朝顔 江戸の絵師 鈴木其一の挑戦」が放送される前後の時期にあってここも少しだけ盛況だった。
せっかくなので番組の感想を。

うねるように踊るように、朝顔だけを、六曲一双の金地大画面に描いた「朝顔図屏風」。江戸時代後期に活躍した鈴木其一(すずききいつ・1796〜1858)の傑作である。

花鳥画の伝統にはない異色の作品はなぜ生まれたのか。そして、其一は、何をめざそうとしていたのか。

「朝顔図屏風」誕生の秘密を探りながら、師匠も琳派も越えて、時代を先取りしようとした其一の生き様に迫る。


結局この解説文にほぼ沿ったものだった。
画家の生い立ちから朝顔図を描くまでの半生、時代背景、後半生の画業までを解説する内容で、朝顔図は話をぶらさないための三角点のような位置づけ。朝顔図に心奪われている身からすれば、もっと正面からぶつかってほしかったところではある。

朝顔図の評価としては、大胆な描写が印象的な、写実と装飾のバランスの中に造形のかがやきを感じさせる作品みたいなことを話してた。
これに先んじる作品として尾形光琳作の国宝燕子花図屏風への言及があり、また其一自身の作品では夏秋山水図屏風と桜に薄図屏風が紹介されていた。いずれもパターンデザインに優れた屏風絵。
それらが、計算されつくしたデザイン力がもたらした傑作、朝顔図屏風につながる。

あれは画面構成の勝利。
朝顔はただ扱いやすく様式化された構成要素。それら要素を屏風のデザインに組み上げた計算に、作品としての本質があるのだろうと思っている。

そんなわけで秘められた計算が解き明かされるのを期待してたけど、その方向にはほとんど言及されてなかった。そもそも自分は作者に興味をもってないので、実はこれ感想にもならないな。
| 屏風 | 01:39 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
新宿三丁目駅(≠新宿駅)
新宿は東京西郊と都心との中間の位置で、駅を中心にして発達した。
現在の線路の敷かれかたをみると、新宿より西は放射状にのびる郊外交通の世界で、新宿より東は入り組んだ都市内交通の世界になっている。
新宿自体が面的な広がりをもつ街でもある。

このあいだ開業した東京メトロ副都心線はそんな新宿を通って、当然のように新宿にも駅が設置されている。ただし名前は新宿駅ではなく新宿三丁目駅。

新宿三丁目駅は新宿駅から東に数百メートル、商業街区に位置していて、副都心線以前にすでに地下鉄2路線の駅にもなっていた。
詳しくは地図を見てもらうことにして、ではここに新しくどんな駅ができたか?

新宿駅よりも東に位置するから、駅は絡み合ったネットワークの側に身を置いている。こっちは、新路線を加えたところで全体構造を変化させづらい世界。
そんなわけで副都心線新宿三丁目駅は交通結節点で繁華街な新宿の、繁華街のほうの性格を強く帯びることになる。

さて、新宿三丁目界隈には大手百貨店が営業している。
地下鉄と百貨店は歴史的に相性のいい組み合わせということもあり、繁華街の駅である副都心線新宿三丁目がこれと仲良くしようとするのは自然な流れ。
駅は北にある伊勢丹新宿本店、南にある新宿タカシマヤの両百貨店とそれぞれ地下で連絡している。
この連絡のために南北にのびる地下歩道が今回新設された

新しい通路で繁華街の人の流れが変わるかもしれない。
これが、副都心線の開業が新宿のまちに与える最大のインパクトだろう。

新しい通路には、千住博による滝の絵がかざられている。
彼の作品はここ以外でも赤坂サカスとか羽田第二ターミナルとか近年の大規模再開発で多用されていて、駅周辺に人を呼びたいという思惑がこのあたりから透けて見える感じ。いかにも繁華街の駅らしい。

といってみたものの、駅から感じられる商売っ気はそれくらい。地下通路からビルに直結する出入り口は百貨店への2つだけだし、通路には売店もマガジンスタンドも見当たらない。
東京はこれ以上膨張しないってことの表れなのだろうか。昨今鉄道会社がエキナカビジネスに邁進している様子と比べると、この素っ気なさにはずいぶん拍子抜けさせられる。
| その他 | 02:23 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
安藤忠雄やら地宙船やら
副都心線渋谷駅は有名建築家がデザインを手がけた。
それで、改札階からホーム階までの3層を使った巨大なラグビーボール型のオブジェが出来上がっている。
吹き抜けが外気を導入した空調に一役買っているとかトリビアも。

最近の地下鉄で吹き抜け構造の駅なんてありふれてるだろうし、外気導入の肝は空堀形式の竪穴だったりするから、このみてくれはデコレーションの性質が強い。
これらは開業時にちゃんと話題点になっていたたように思えた。

あとは、一過性のシンボルに終わるか否か。

副都心線が渋谷に一番インパクトを与えるのは将来東横線との直通運転が始まる時点。
郊外鉄道のターミナルの地位を部分開放したあとで東横線渋谷駅がどれだけ象徴性を確保していられるかが焦点で、地下駅はその時のためのものだったりする。

ひとまず副都心線は先行開業したとはいえ駅は当面2面4線の内側2線にふたをして運用される。地宙船のデザインも今のままだと南北の対称性が中途半端。
そういう意味で駅はまだ未完成で。

この駅が本格的に機能を始めるのは2012年度、
現東横線渋谷駅が廃止され、東横線と副都心線が直通運転を開始、同時に地下駅と直結する東急文化会館跡のビルが開業した時点。

そのときには今より目論見が明らかになるだろう。

駅は渋谷川の西岸の斜面を地下へと延長した一番底で、再開発ビルと垂直に連絡する位置を占めるようになる。今現在空堀がもうけられていて、何機もエレベーターが並んでいる辺りがよりダイナミックな箇所になるかも。
この駅に正当な評価が与えられるとすればそのとき。

そろそろ開業の熱も冷めただろうし、
渋谷の再開発ともリンクして試される日まで、しばらくオブジェのまま静かに過ごすのでしょう。
| その他 | 21:28 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
TokyoRailMap ver.5.00
今月14日の副都心線開業に対応させた東京中心部鉄道路線網図をアップしました。
手に入れるにはこっち(http://tawamure.com/railmap/)からどうぞ。


池袋に空間的に余裕がでるようにして、渋谷・池袋は駅の配置を描き直して
小竹向原以遠で有楽町線と副都心線が線路を共有する部分もフォロー。

小竹向原以遠の描き方がうまくいったので、これまで放置してきた
白金高輪〜目黒間の都営三田線と東京メトロ南北線の共有区間も修正。

なんとか月をまたがずに更新の報告完了。ふう。
| ___RailMap | 23:57 | comments(3) | trackbacks(0) | - | - |
副都心線渋谷の立地
2012年度、渋谷では現在の行き止まり構造の東急東横線渋谷駅が廃止され、副都心線のものと籍を共有する新しい東横線渋谷駅に置き換えられる。
これは渋谷にとってリスクかもしれない。

渋谷は南北のびる谷のうえにあって、谷底の、今は蓋をされている川筋のすぐ西側を高架の線路が走る。街は線路を境に東と西に分かれ、西側のほうがより発展してる。
東西の行き来には、狭いか暗いか折れ曲がっているかする高架下をゆくかあるいは川底をくぐった地下2階をゆくことになり、ちょっとした手間がかかる。
そういう渋谷の街で、副都心線の駅は高架の東側の地下5階という位置に建設された。そして将来的には東横線の新しい駅もここになる。

東急には現渋谷駅を使い続けるという選択肢もあったように思うのだけれど、そっちは選ばれなかった。新しい渋谷駅はいい場所にあるとはいえそうにない、利便性が落ちるのに大丈夫なの?ってのと、なんで?ってのが印象だった。

そこを訪ねてみたあとだと、第一印象よりはひどい立地でないかもしれないと思っている。

まず確保したい最大の動線は文化的中心にあたるセンター街方面とのもので、これには上に書いた東西方向の移動の手間が課題になる。
実はこの課題は意外とクリアされてて。

駅に向かうには川のある位置で地下2階まで降りるルートが使われることになるだろう。
これまで東西方向の移動に使っていたときは、降りたあとここから地上へ出なければなくうんざりさせられていた。けれど駅を目指すならこのジグザグは必要ない。プラットフォームのある地下5階まで降りつづければいいだけ。
しかもここではビルの非常階段のように切り返し切り返しで上下をつなぐのではなく、上下動と一緒に横の移動も行われる。いうなれば渋谷の谷底への西斜面を地下にまで延長してその先に駅があるようなイメージ。

これだけじゃ“そこまで悪くない”でしかないけど、
迷宮のような構内図だけ見せられるのに比べれば、少なくとも東急の東横線渋谷駅に関する判断を強く否定することはないかなと。
| その他 | 08:44 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
副都心線開業の概要
6月14日、東京の13番目の地下鉄、東京メトロ副都心線が開業した。

副都心線は都心西側に発達した渋谷・新宿・池袋の3つの副都心を結ぶ明治通り地下を走る。
池袋から先では東京メトロ有楽町線と同じルートで郊外へと向かい、西武池袋線ならびに東武東上線と直通していて、これで東京の北西にひろがる住宅地から新宿・渋谷へ一本で出られるようになった。
渋谷から先は今のところ行き止まりだけど、2012年度には東急東横線と直通してこちらは南西郊外へ向かうようになる予定。2012年度以降、東京の南西部から新宿・池袋へ一本で出らるようになる。

これでこれまで郊外鉄道のターミナルを核にそれぞれ別個に発達してきた渋谷・新宿・池袋の繁華街が連結され、今後、買い物客をめぐる競争が激しくなるという予想も立てられている。

ただしこの競争の開始条件はそれぞれの街に同じではなく、買い物客が駅を電車で通過していく危険のある渋谷・池袋がやや分が悪い。
特に渋谷は東横線と副都心線との直通開始と同時に現在の東横線渋谷駅を廃止、副都心線と同じホームを使うようになるため、街にお金を落としていく乗り換え客が激減することも考えらる。

で、時間がないので続きはまたに
| - | 01:42 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
TokyoRailMap ver.4.00
自作の東京中心部鉄道路線網図です。
手に入れるにはこっち(http://tawamure.com/railmap/)からどうぞ。


日暮里・舎人ライナーが開業したのは前年度のことで、
今回はそれを路線図に反映させるよう少しだけ更新しましたよ。

この絵は1カ月しないで古い情報になるとはいえ、なんか更新してないと自分で嫌になってくるから。
| ___RailMap | 02:39 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
中国の地震
成都の近くを震源としたマグニチュード7.8の地震のニュース。

地震大国に住んでるから、これが大災害だというのは当然わかるんだけど、
中国の地震ってほかの多くの地域の地震と違うでしょ?
海沿いの発想しかできないと、揺れのエネルギーが海に逃げず国土で全部受け止められるってことに考えが及ばない。
その場合どんな被害状況になるかが自分には想像できない。

今は伝えられる被害が拡大を続けてる段階(死者1万人までには達していない)だからまだ全体像は不確かで、この上なく苛立たされていて。
これがとんでもないことなのは確かでも、唐山地震みたいなくらいのとこまで覚悟する必要があるんだろうか?

ちなみにミャンマーのサイクロンもこの1週間騒がしいけど、
こっちは最悪の被害規模としてその程度があり得ると認識があったからまだ冷静でいられた。

現地は非常な困難になってるだろうけど、できるだけ何事もないように願う。

長江をさかのぼる旅をひそかに目指してるところだから、
待ってろよ四川。
| その他 | 00:13 | comments(0) | trackbacks(1) | - | - |
しなやか、したたか、あたたか
今年度の目標を思いついたので書いておく。
| その他 | 00:21 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
OsakaRailMap ver.0.40
まだ作成中だけど、自作の大阪地下鉄線網図です。
手に入れるにはこっち(http://tawamure.com/railmap/)からどうぞ。


2008年3月15日のおおさか東線の部分開業を反映しました。
具体的には高井田駅が乗り換え駅になってます。

もう1か月も経ってたのか…
今年は大都市で軌道輸送機関のオープンが立て込んでるから
しっかりしないと追いつけない、というか現に追いつけてないですね。
| ___RailMap | 23:25 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |